バンコク、シェムリアップ奮戦記録2016

  • Posted on 9月 13, 2016 at 02:22

 今年はアジアツアーには行けないかと思っていたが、K君から別件で行くとのお誘いがあり、便乗することにした。
 もろにタイだとあれこれ勘ぐられる可能性もあるので、今回はカンボジア経由でタイに入ることにした。
 カンボジアはプノンペンとシェムリアップ空港があるが、アンコールワットに興味があったのでシェムリアップにした。
 ビザは現地でも取れるらしいが、ネットで取得出来るようだ。必要な写真は会社の入館証をスキャンして調整して作った。40$掛かったが、申請の三日後にメールに添付されてきて、無事に印刷した。実際、搭乗前に確認があるので取っておいた方がスムーズで良い。
 ホテル、エアーともにいつものネットで予約した。
 カンボジアの現地通貨は$で良いらしい。両替は前々日に大黒屋で105.33、前日に105.23で合計五万円した。タイのバーツはレートが悪すぎるので現地でやることにした。
 ゴムは0.01二種類、0.02一種類を準備した。
 土曜日の午前11時20分羽田空港発、バンコク経由でカンボジアのシェリムアップには19時半に到着した。
 イミグレでは、バンコクでの搭乗前に記入した入出国カードとビザとパスポートを出して、指紋を取ったら入国だ。指紋は右手の四本、親指、左手四本、親指の順にマークに従って当てるだけだった。
 税関申告ブースは誰もいないので、申告書を箱に放り込んで、外に出た。
 ゲート前の列に、自分の名前を持ったお兄さん発見。車に乗るとホテルのピックアップは自分だけで、マネージャーらしき人が同乗して、冷たいおしぼりと水をくれた。
 ホテルは薄暗い道に入り、バーを数件過ぎた辺りにポツンとあった。ロビーでのチェックインは、パスポートを渡したらメアドとサインのみだった。こんなにスムーズなのは初めて。なかなか良いホテルだ。
 部屋に案内された。広々としたダブルベットに枕が四つ。これに一人は勿体無さすぎる。窓からはプールが見える。これで二泊で八千円以下は安すぎだと思う。
 かなり蒸し暑さを感じるので、プールが気持ち良さそうだ。
 食事と夜の行動の為に部屋を出てロビーに行った。早速日本人のおじさんゴルフ集団を発見した。しかも現地の女性を連れている。
 確認事項をピックアップ時のマネージャーに英語で聞くのはなんとなく憚られた。日本語ペラペラのスタッフがおじさん達のエスコートをしている。
 しばらくロビーで隙を見ていると、やっとそのスタッフが空いた。
「すみません、ここってカラオケから女性を連れてきても大丈夫ですか?」
「はい。大丈夫ですよ」
「追加の費用は?」
「掛かりません」
「iDは要ります?」
「無いと入れてくれないと思います。予定はありますか?」
「いえ、良い子が居たらと思いまして。ありがとうございます」
 事前ネット調査では、カンボジアでは貧しくてiDを持っていない娘は多いらしい。一度NANAで女の子が忘れた事件があったので、iD確認を心に刻み込んだ。スタッフが女性を手配してくれそうな気配はあったが、二泊もチャンスがあるので焦ることは無い。
 調度マネージャーが来たので、パブストリートのカンボジアフードのリコメンドをお願いすると、トゥクトゥクを呼んでくれた。久しぶりのアジアにワクワクする。夜風もむんっとしているが気持ち良い。ぶんぶん飛ばしてパブストリートに着いた。2$を払って降りて、レストランへ。
 ピールジョッキで1$。生春巻2.5$、カレー5$をオーダ。ビール3杯で食べ過ぎて苦しい。
 沢山露店マーケットがあるので覗く。海パンを20$で買ったが、ぼられたかも。
 ナイトマーケットのマッサージの呼び込みが煩い。要らんと掴んでくる手を払ったら舌打ちされた。ムカつく。
 ペッパービーンを買いたかったが、一袋5$と気持ち高い。
 一通り歩いて暑さと呼び込みにうんざりしてきた。
 そろそろカラオケに行きたくなってきた。トップタウンが有名らしいがそこは連れ出しのみらしい。目的は本気でカラオケをして気が合えば連れ出しだ。
 目的地はカラオケ金砂だ。トゥクトゥクで行くとマージンを取られるらしいので、シヴォタ通りを北に向かって歩く。だんだん人通りは減って、商店は無くなる。後ワンブロックで諦めようとしたときに、どーんとネオンはカラオケ金砂! 運の強さは健在だ。
 2階に上るとつるっぱげのお兄さんに少し待たされた後、大部屋に連行された。15人は行けそうだ。
 部屋は12$ちょい。女の子は10$ちょい。少し高いかなと思いつつもオッケーサイン。
 少し待つと、ズラリと8人が並んだ。皆二十歳そこそこだろう。
「英語か日本語のできる子は?」
 ママらしき人に聞くと、皆片言大丈夫だと言われる。
 一番左手の乗りの良さそうな娘に決めた。
 ジーパンで薄手のシャツの彼女を片手に、氷入りビールを飲んで歌う。
 曲はかなり偏ってる。テレビで現地シンガーがカバーしたのを、歌だけ消した感じだ。
 五番街のスリーって曲はやっぱりマリーだった。
 ビールは大瓶で5$、二本用意された。本当に曲だけ入れる女性がいて、ビールはボーイが持ってきて、暇なのか後半はママも一緒に歌っていた。
 女の子とベッタリしっぽりしたいが、すぐ次を入れろと言われるので、なかなかしっぽりは出来ない。ベッタリはしてた。
「ねぇ、iDは持ってる?」
「持ってるよ」
「ほんとに?」
 彼女はバックから出して見せてくれた。
「良かったホテル来る? ここだけど」
 マネージャーが、行きにくれたホテルの所在カードを見せると、オッケーとのこと。
 時間を正確に見ていないが、22時にはついていたと思う。チェックをしたのは0時半頃で、ビール4本を入れて約60$だった。
 女の子も、かなり酔っぱらっている。
 女の子にチップを相談、気持ちとか言いながら、少ないともっとという。
 ママに10$、マネージャー5$、ボーイ2$、カラオケ係3$×二人で総額23$、お店のチップ5$、総額で88$なので、一人カラオケは少し高く付いたかな?
 ホテルまで別かと思いきや、お兄さんがこれでっと二人一緒にタクシーに押し込んでくれた。ホテルまで2$、無いので5$渡した。酔ってると気が大きい。
 フロントで彼女はiDを渡して、自分は何か書いてある紙に、名前と部屋番と日付とサインした。
 部屋でシャワーして、素肌で抱き合った後は早速0.01を装着して突撃! 貯めすぎてたのか、あっという間に暴発してしまった。

 朝方、酔いも覚めていちゃいちゃしながら大きくっと思ったが、なんでかイマイチだめだ。綺麗でstyleも良いが、なんか気持ちがエロに入れない。最近はコスプレなんかでやってたから、爽やかやすぎる素肌が行かんのか?
 考えていても仕方が無いので、タブレットで、さくらま○のアダルトビデオを見ていたら、むくっとしてきた。が、ゴムをしてる間に小さくなる。
 またビデオを見てたら彼女が気づいて覗いて来た。可愛いとか言いながら、タブレットを抱えてくれたので、見ながら無事に挿入。勃起して入れてしまえば後は勢いだ。
 正常位から脚を舐めてガンガン突くと、一オクターブ高い声が出てきた。DEEPキスをしながら腰を振る。
 バックから突きながら細い腰と、柔らかだがよく日焼けした尻を両手で掴む。乳房もそこそこあるので、揉むのも気持ち良い。
 なんとか無事に満足なセックスが出来た。
 朝食はバイキングが付いている。彼女を連れて行ったが食べなかった。
 彼女にチップは?と聞くと気持ちで良いというので、80$渡したら喜んでいた。

 ホテルのアンコールワットのツアーを9時から予約していた。彼女を入口で見送って、クーラーの効いた車でチケット売り場へ。
 そこからすぐだと思ったら車でまた移動して、やっと到着した。
 灼熱の中を歩く歩く。
 車に戻ると冷たいおしぼりと水が出てきた。最高!
 自転車、トゥクトゥクなら終わってたな。
 バイヨンを回ってランチの後はもう一ヶ所で充分満足した。
 ホテルに午後3時に戻って、すぐにプールで一泳ぎ。ぬるいくらいだが、出ると涼しく感じる。
 ソファーで少し寝たが、暑くて起きたので、部屋のベットに移動した。

 午後5時45分に目覚ましで起きた。
 着替えて夕飯に出る支度をする。今朝まで居た彼女と6時にロビーで待ち合わせてディナーに行こうと約束してた。LINEを交換していたので、着いた?と送っても既読にもならない。もしやすっぽかされたかな?
 まっ、来なければそれはそれで、のんびりできるし良い。
 ベットでゴロゴロしていると電話が鳴った。フロントからでアポイントがある人が来ていると言う。直ぐに降りると伝えてフロントに行くと、女性が二人居た。一目見たら姉妹だと分かった。
 姉はバイクで一度帰って合流するらしい。
 二人で先にレッドピアノで、ステーキとチキンサラダにビール2杯とジントニック。彼女は二日酔いらしくコーラだった。
 姉が来た。姉の方が少しあか抜けた感じだ。2才くらい違うかと思ったら双子だった。
 姉がワインのグラスを頼もうとしたので、手伝うからボトルにしようと赤を一本入れた。二人でペロリと飲んで総額40$だった。
 ナイトマーケットでペッパービーンを値切ってもらう。三袋買うと言うと、一袋5$が3$になった。
 姉が服が欲しいと、10$たかられた。妹は見ていたが、買わなかった。
 ドリアン12$もたかられたが、ポロシャツを10$に値切ってもらった。昨日の海パンもきっと10$位だろうな。
 昨日の舌打ちマッサージ野郎を無視して若い女性を二人連れて歩く。なかなかいい気分だ。
 次のバーではテキーラサンライズのジョッキより大きいのをオーダして、三人で小さなグラスでちびちび飲んだ。
 しばらくして彼女の友達が増えて女性三人になった。こちらもグラマーで美人なのでくらっとくる。
 ライブをやっているバーに移動して軽く飲む。
 姉が今夜も妹一緒に行けと言うので、今夜はしないよと伝えると、私は?と聞いてくる。思わずうんと言いそうだったがこらえてノー。友達は? こっちもこらえてノー。正直どっちでも喜んで行きたかった。
 三人連れて2件、それぞれ20$だった。
 姉と友達と別れて、妹のバイクにニケツ。若い女性の腰を抱いてバイクなんて初めてだ。
 スーパーマーケットに寄ってホテルまで送ってもらう。
 行かないとは言ったものの、ここで別れるのも辛い。
「良かったら寄ってく?」
「yes!」
 実は彼女は既にフロントにiDを預けていたのだった。

 シャワーを浴びてベットに行くと、直ぐに脚を絡めてきた。軽く抱き合ってディープキスをする。
 昨晩との違いにエロ気配を悟ったちんこは既に臨戦体制だ。彼女の股間もたっぷり濡れている。
 0.01を装着して挿入! 暖かな膣を感じられて気持ち良い。
 ベットサイドに立たせて、大好きな立ちバックで突くと、声は一オクターブ上がった。そのままベットに、押し倒してバックから突きまくる。張りのある尻肉を掴んで昇天した。

 朝6時。トイレで目覚めて脚を絡めていたら、そのまま生で合体。うーん、でもそれはいかんと思い直して、濡れてぬるぬるのちんこにゴムを装着。今日はそんなんでもまったく萎えない。
 カーテンを少し開けて、窓際で立ちバック。良く締まった足腰が気持ち良い。両手を上げて腰を打ち付けた。
 ベットに戻って横抱きバックの後は、正常位で泣かせた。うーん、良い声だったなぁ。

 8時半に彼女をベットに残して朝食を取り、部屋に戻ってシャワーを浴びた。
 まだチェックアウトまで30分ちょっとあるので、彼女のお尻にちんこをすりすりしていたら、手が延びて来た。しこしこされるとこちらもまたも臨戦体制になった。彼女の陰部もすっかり濡れている。またもゴムを装着してガンガン突いた。
 終わって抜くと、ゴムが無いっと二人で焦った。でも引っ張ったらしっかり付いていた。それほどに薄いのだ。流石日本製!
 彼女は今度日本に来るらしいので、チップは七千円と10$渡した。
 彼女はバイクで空港まで送ってくれるつもりらしかったが、荷物があるから無理だ。ホテルのロビーで見送った。
 お土産を買って、右手の四本だけ指紋を取って出国した。
 両替した五万円は1$しか残らなかった。後はチップの七千円かな。

 バンコクまではエアーで一時間。イミグレは空いていたのでサクッと入国した。
 いつものNANA近くのホテルはアップグレードしてくれていて、5階のデラックスルームだった。
 午後6時にロビーでKとHと合流して、近くの薬局で
レッドブルとtraradを購入(250バーツ)。これは来る度に買っている。ハーブが入っていて、射精を引き伸ばしてくれる。セックスでは使ったことは無いが、トレーニングの時は有効なので是非お薦めする。
 NANA駅でもう一人と合流して、ワンブロック先を左に入ったガーデンチックなレストランで夕食。 
 ビール三杯、おつまみセット、すずきのスチーム、ポークチョップで、一人千バーツだった。

 ナナプラザでは、早速レインボー四に行った。3階にあった店は2階に移動して箱は半分になったがレベルは高く、Aが口説いたウェイトレスはまだいた。
 近くのトップレスに移動しておっぱいとショーらしきものを楽しんで、更にビルボードに移動した。ここで、kがまりんちゃんにロックオンされ、Hがミニモニを指名。
 自分も勢いで、さくら○な似を指命した。
 あっさりと、三人そろってマイホテルへ。
 今朝までやり過ぎたので、一応カンガルーを飲んだ。
 太股がムチムチして気持ち良い。まだ21で思ったよりあどけない。あそこはピンクで綺麗なのでペロペロと舐めたら、お返しに息子を舐めてくれた。
 乳首も小さく絞まりは最高だ。それでも余裕はあったので時間一杯楽しんだ。
 帰りに露店の服が欲しいとねだられた。聞くと390バーツだったので買ってあげた。どうせなら行きに買って着せてイタズラすれば良かった。次回のお楽しみ。
 LINEを交換して別れた。
 Hとセブンでカップ麺を買って部屋で食べた。Kは朝着なので寝落ちしたようだ。
 1時に寝た。
 最初の二店は250バーツ
 三店目は1000バーツ、連れ出し700、チップ200、彼女に3000とチップ500、服390,。

 翌朝は6時20分に置きて三人で朝食をとり、自分はホテルを出た。
 振り返れば6発3日! 想像よりずっとハードな旅行だった。

利用ホテル
シェリムアップのホテル

バンコクのホテル

P.S.
 日々ストレスに追われている日本人男性の皆さん、閉塞感に捕らわれてどうしようも無かったら、青野に騙されたと思って、タイツアーして下さいね!
 ほとんどの方は人生観が変わるはずです。
 つまらない犯罪や判断に走ってしまう前に!
 あっ、女性でもありだと思いますよ! なんならお供しまーす!
 アジアはまだまだ熱いです!

Comments are closed.