触って下さい(2)

  • Posted on 5月 18, 2010 at 18:39

これの続き

  ついに後ろの男性の指先が私のスカートの中に入って来ました。おまんこの筋を指先で撫でたりつついたりします。
 「あんっ。ううんっ」
 気持ち良くてつい声が出てしまいます。前の男性もスカートをめくりだすと指を入れて来ました。
 パンティーはもうぐしょぐしょのはずなので、恥ずかしいです。その羞恥心が体を熱くしてくれます。

 指先が私の泉を這いまわります。ツンツンつつかれる度にジンジンと快感が腰を這いまわります。
 鞄を持った右手に熱いものが当たりました。ああっ、右側の人までこっちを向いて勃起したペニスを手に押し付けて腰を回しています。それに応えるように手を押しつけてあげると、喜んでいるようです。

 スカートは腰までめくられてしまいました。でも満員電車なので下を見なければ誰も気づきません。後ろの男性はパンティーを腰までずり下げると、私の柔らかなお尻に熱い肉棒を突き立てて来ました。両手で柔らかな肉を揉んでくれます。とっても気持ち良くて空を飛んでいるみたいです。
 
 お尻の穴に何かが当たります。ついに直接肉棒が当てられてきました。とても熱くて大きいです。擦られるともう気持ち良くてたまりません。
 前の男性の指が私の毛を撫でています。そして、泉を見つけるとゆっくりと指を入れて来ました。
 「ああん、あん」
 小刻みにふるわせられると、腰が砕けそうで、気が変になりそうです。

 前の男性まで肉棒を出してしまいました。形の良い松茸です。私は空いていた左手をそっと添えてあげます。ビクンっと男性の体が震えました。ゆっくりしごき立てると、荒い息を私の耳にかけて来ます。
 後ろの男性が私を少し持ち上げて前かがみさせると、泉に熱い肉棒をさし込んで来ました。
 私のおまんこは、もう大洪水です。毛はワカメのようになり、愛液が内腿をたれていくのが分かります。

 ぐぐっ、っと熱い肉棒が体の中に入って来ます。ジンジンと股間がしびれて、快感の波に息をするのがやっとです。でも声は出さないように頑張ります。
 ぐっしょり濡れたおまんこが肉棒をくわえ込みました。男性がゆっくりと腰を突き上げて来ます。私はそれに合わせて、腰をグラインドさせます。
 両隣りの男性が乳房を撫でまわしています。気持ち良いです。Yシャツのボタンが外され、ブラのホックも外されました。

 数本の手が入って来ました。ぐいぐいと乳房を揉まれると、気持ち良くておかしくなりそうです。乳首をなぶられると電気が走ります。
 もう我慢の限界です。
 「ああっ、いくっ!」
 全身がビクビクと震えてしまいます。ギュッとあそこがしまったのでしょう。男性の肉棒から精液が発射され、私の子宮の奥に当たります。
 もう快感で気が狂いそうです。口から涎があふれるのを止められません。

 前の男性が「ううっ」っとうめくと、握っていたぺニスから大量の精液が飛び出して、私の股間をぐちょぐちょにしました。
 栗の花の匂いが、辺りに充満しています。

 もうすぐ降車駅です。前後の男性が綺麗にしてくれています。とても優しい人たちばかりでほっとしました。

Comments are closed.