白い肌

  • Posted on 5月 18, 2010 at 12:47

 A嬢は148センチと小柄だ。母親が北海道出身でそれを引き継いだのか白いすべすべの肌だ
 隣りに座ると、早速抱きかかえて唇を合わせる。白いドレスの上から小さな乳房を揉む。
 これだけでペニスは元気になってしまう。

 ダウンタイムは膝というより、ペニスの上に乗ってくれる。ドレスの紐を解くと白い乳房が露わになる。やわやわと揉んでいると、可愛い豆粒の乳首がコリコリとする。
 その間、ずっとディープキス。A嬢の舌を吸い取り、唾液をすする。甘い。腰の動きでペニスはギンギンになり、粗相をしないか心配だ。

 下半身はお触り禁止だが、A嬢はOKしてくれている。手をドレスの裾から入れると、プリプリのお尻に手を這わせる。Tバックなので触りたい放題だ。揉んだり指先を立てて這わせる。太腿から腰、足首まで撫でる。すべすべで最高の触り心地だ。

 ダウンタイムが終わっても、ラブラブは続く。唇を舐め、手を胸に這わせる。
 髪をかきわけて小さな耳を出すと、唇で挟んで舌を這わせる。
 「可愛い、好きだ」っと耳穴1センチで囁く。
 横抱きにして両足を投げ出させて、膝から下や上に向かって撫でる。
 A嬢は自分の太股の間に手を入れると、僕のパンパンに張ったペニスをズボンの上から触ってくれる。背筋から這う快感に、「あへっ」っと声が漏れる。

 2セットで15Kとまぁまぁの出費だが、単に出すのとは違った快感で興奮する。たっぷり若いホルモンをもらってペニスはギンギンだ。

 まだ尻の穴やおまんこは攻撃したことは無い。同伴で何処かに連れ出した時にやりたいと思う。

コメントを残す