青野流セックス鍛錬術 コックリングの鍛錬

  • Posted on 2月 27, 2016 at 13:01

 こんにちは、青野です。
 コックリング、ぺニスリングですが、使い始めてから約二年以上経過しました。それなりに使いこなしており、最近はED薬要らずです。
 自分なりの鍛錬履歴を書いておきたいと思います。

 まずは慣れようと思い、柔らかいときでも少しきゅっと締まる太めの物を見つけて、これを竿元に付けました。
 排尿時は横着してそのままでしていたら、尿道に負荷がかかり、いつまでも残尿感が残るようになってしまい、面倒でも外すようにしました。また、寝る前は必ず今でも外しています。
 最初は数時間で痛みを感じたので外すようにしていましたが、段々慣れてきて、朝家を出る前から帰る時まで平気になりました。日中、バスを書いてる時などは完全に勃起して、このリングがサポートしてくれるので、ジンジンと気持ち良すぎて、あわや射精という危機もありました。でもこのおかげで、竿元はかなり太く、強くなった気がします。

 三ヵ月くらいしてから、今度は竿元とカリ下に付けるようにしました。自分はそれなりにカリは大きな方なのですが、これをしていると張りが違います。先端もこれによって少し大きくなったような気がします。
 一度カリ下にしたまま挿入を試みたのですが、先端が大きくなりすぎて入れられませんでした。でも入ったら気持ち良いんだろうなと思います(相手も)。緩めの女性なら行けると思います。今度また試してみます。
 二個に慣れたら、竿元を二個にしましたが、これはあまり意味は無さそうで取り外しが面倒なので、最近は強めを竿元1個にしています。

 更に数か月してから、今度は玉にしようと思ったのですが、なんとなく玉に悪そうで、しごく時だけは玉にするようにしました。
 竿元にしている奴が伸びてゆるゆるになってきたので、これをどうしようかと思った時に、竿元から玉下に通してみました。これは微妙に玉を押し上げて、陰茎全体を前に反らせてくれて調子は良かったです。ズボンの前が少し張り出すので、パンツの穴を開けてそのまま陰茎だけ出すと、先がズボンで擦れて、皮のトレーニングにもなりました。勃起すると、かなり巨大なテントになります。
 座っていると玉の下が擦れて痛くなります。その時は位置をずらすか外すかしていましたが、今はその部分の皮が厚くなり、たくましくなった気がします。
 竿元とカリ下、竿元から玉下の三個体制の確立です。
 この頃から、なんとなく仁王立ちで舐めてもらうのが楽しくなってきました。黒く厚い皮に舌を這わせてもらう喜びは格別で、玉を舐めて貰いながら、女性の顔にギンギンの亀頭を擦りつける快感は格別です。試してみて下さい。

 竿元の奴がまたゆるゆるになって来たので、いよいよ玉袋への挑戦です。三個体制に慣れたせいか、すんなり出来て、不快感もありません。勃起した時は、ジンジンと股間全体が締め付けられている感じがたまらなく良いです。
 玉袋元は二個したり、一個にしたりとまだまちまちですが、一応、五個(四個)体制:カリ下、竿元、竿元から玉下、玉袋元の確立です。
 ただし、セックスの時は、まったくしなかったり、ちょっと弱いなぁと思ったら竿元か玉袋元に一個するようにしています。
 オナニーの時はカリ下だけ外してしごきます。これはもう悶絶の良さですね。
 ED薬より間違いなく健全だと思います。皆さんも是非!
 ただ、血行には悪いと思うので、慎重にお願いしますね。勃起しなくなったらそれこそ不幸なので。自分はここまで毎日鍛錬して二年半を掛けています。

wp-1456543184312.jpg
wp-1456543189847.jpg
wp-1456543195070.jpg
祝五個体制!(カリ下、竿元、竿元から玉下、玉袋元×2)
image

Comments are closed.