河原で

  • Posted on 1月 12, 2011 at 22:40

 秋の虫が静かに鳴く夜、ほろ酔いで彼女と手を繋ぎながら土手を歩いた。マンションの明かりがうっすらと土手を照らしているだけで、他に照明は無い。
 川面には対岸の道路の照明がにじんで映っていた。

 河原に腰をおろし、お互いの体を摺り寄せた。細い腰のすらりとした体の彼女を抱き寄せて草原に寝かせると、あどけない少女のような顔に掛かった黒髪を避けて、唇を合わせる。舌を差し込むと彼女の柔らかい舌が迎えに来てくれた。
 舌を絡めて唾液を吸い取る。徐々に息は荒くなり、ここが野外だと忘れそうになった。股間を彼女の腰に押し付けながらキスを続けていると、ペニスはむっくりと大きくなった。

 「ねぇ、あれが出るとこって見たことある?」

 (人気の無い河原で、彼女にさせてみたい)

 ふと浮かんだ悪戯を彼女に仕掛けてみる。

 「無いわ」

 僕は黙ってズボンのジッパーを下げると、勃起した肉棒を取り出した。草がチクチクとペニスに当たってくすぐったい。

 「これ、触って」
 
 彼女の手を取るとペニスに当てた。柔らかい手がそっと肉棒を掴んだ。彼女の目はうるんでいる。ゆっくり白い手が肉棒を確かめながら動いた。

 「すごい、もうこんなに大きい」

 「ああっ、その手、気持ち良い」

 「これで良いの?」

 「うん、そう」

 肉棒からの快感を楽しみながら、彼女の柔らかな胸の膨らみをカーディンガンの上からゆっくりと撫でまわす。

 「あん、何か出てきた」

 「我慢汁でしょ」

 「気持ち良い?」

 「うん。もっとよく見て」

 肉棒が彼女の目の前に行くように体をずり上げた。

 薄闇の中で彼女の白い手が肉棒をこすりたて、横になりながらじっと見つめている。

「すごい、パンパンになっちゃった」

 ジンジンと溢れ出す快感が腰から背筋を這い始めた。

 「うう、ああっ、気持ちいいよ」

 自分の手でオナニーをするより数十倍の快感が押し寄せる。

 彼女は舌を出だすと、肉棒の先端の膨らみを舐めた。汗臭いはずだが、嫌な顔もせずに舐めていた。

 「あはん、なんだか変な気持ちになってきちゃった」

 彼女は根元をしごきながら、ペニスをくわえた。

 「ああっ、それ最高!」

 口から出たペニスはぬめぬめと黒光りをしていた。まだあどけない顔の女性が、股間を凝視しているのが興奮を誘う。

 いつもより早く行きそうだ。

 優しく動き回る舌と手が、快感を倍増させている。

 「ぴくぴくしてるよ」

 「ああっ、気持ちいいんだ」

 「出そうなの」

 「もうすぐ」

 「見てていい?」

 「もちろん」

 彼女の手が徐々に早く動き出した。青臭い草の匂いが鼻腔をくすぐり、背徳感が快感を湧き上げる。

 「ああっ、出そうだ。もっと強く」

 彼女の手が肉棒を上下にこすりたてる。玉袋が射精に備えてぐっと持ちあがる。

 「ああ、気持ち良い、行きそうだ、ううっ」

 最後の瞬間まで我慢をする。

 「出るっ」

 白い液体が勢いよく彼女の可愛い顔をめがけて発射された。避ける暇もなく、彼女の目と鼻に粘っこい液体がとんだ。

 「あんっ、すごい!」

 びっくりしたようだが、そのまましごき続けてくれている。

 「ああっ、気持ち良いよ」

 何度もヒクヒクと収縮を繰り返しながら、先端から快感の白液を放出する。

 「たくさん出てる。あん、まだ出る」

 「そう、搾り取ってくれ」

 栗の花の匂いが、草の匂いに交じって漂う。顔に付いた精子はトロトロと流れて草に吸い取られた。

 肉棒を彼女の口元に持っていくと、舌を出して舐めてくれた。残りを吸い取って飲み下す。まだあどけない少女が自分の股間に吸い付いている姿は興奮する。

 ティッシュで顔に付いた精液をふき取ると、首筋に吸い付いた。

 「あん、ダメよ。こんなとこで」

 カーディガンの下は薄手のTシャツだ。下はぴったりのジーンズをはいている。

 Tシャツをまくりあげて、ブラをずり上げると、白い乳房があらわになった。ピンクの小さな乳首はつんと上を向いている。唇で挟み込んで舌先で転がす。すぐに乳首はぷっくりと勃起した。手を柔らかな乳房に這わせる。まだ女子高生のように若く滑らかな肌だ。うっすらと女性の花のような香りが体中を包んだ。

 「ああん、いやん」

 軽く噛むと体がぴくぴくと反応する。

 片手でジーンズのジッパーを降ろす。指先を股間に侵入させると、パンストは履いておらず、パンティーはじっとりと湿っている。彼女の上に体を重ねて、肉棒をパンティーの上から股間に這わせる。

 額に浮かんだ汗が、そよ風に吸い取られていく。じっとしていれば肌寒いが、二人は軽く汗ばんでいる。

 「ああん、気持ち良い。大きいの当たってるよ」

 一度発射したはずなのに、肉棒は先端までがちがちだ。湿った股間を先端の膨らみでこすりたてると、彼女の喘ぎは大きくなる。

 「はぁ、はぁ、ああん、良い!」

 あどけない顔が快感で恍惚の表情になってきた。口元から溢れ出す唾液をなめとり、舌をツルツルの歯に這わせ、歯茎と唇の間に舌を這わせる。甘い唾液が快感を増幅させる。

 腰をゆっくり上下させて茂みに当たるように動く。パンティーは濡れて茂みがぐちゅぐちゅと音を立てる。

 「ああっ、入れたくなってきた」

 「入れちゃう? こんなとこで」

 「うん、いれちゃうよ。もうぐちょぐちょだよ」

 「ああん、いやん」

 パンティーの布を横にずらすと、肉棒の先端を泉の入口に当てた。それだけで快感の電流が肉棒を走り抜ける。

 「ううっ、ああん、いやーん」

 「あそこは欲しがってるみたいだよ」

 腰がゆっくりと動いて既に先端をくわえ込みだしている。ずぶ濡れの陰毛がペニスに張り付く。

 「可愛いよ」

 ジーパンを脱がせると、ゆっくり腰を進めた。肉棒が彼女の体内に埋まっていく。

「ああん、来る! 大きい」

 締まりは強いが、たっぷり濡れているので奥までぬらりと入り込んだ。ゆっくり味わうように腰を動かすと、肉棒が泉をあふれさせる。先端の膨らみが彼女の体内の快感スポットをこすりたて、湧き上がる快感に合わせて声がもれた。

 白く長い足を持ち上げて股間に突き立てる。ズボンをはいたままだが、今さら脱ぐのも面倒だ。ズボンの股間は彼女の体液でびしょ濡れになっていた。

 ディープキスをしながら腰を徐々に早める。ズンズンっと付きこむと、激しい喘ぎ声が漏れる。

「あん、ああん、気持ちいい、良い。大きい!」

野外セックスの快感が二人を狂わせる。

 「ううっ、締まる。この足、すごくスベスベしている。ああっ最高だ」

 ぐちゅぐちゅっと股間が音を立てる。

薄暗い土手で動くのは二人だけだ。

 「ああっ、出そうだ。出すよ」

 「そのまま出して!」

 「ううっ、行く!」

 「ああん、来る! 来る!」

 精液が激しく彼女の奥壁に当たる。その瞬間、激しい快感が彼女の体内を駆け巡る。

 「いやん、行く!」

 びゅっと、彼女の股間から液体が放出された。

 「あん、あん、止まんない! 良い!」

 体を震わせながら液体を放出する。液体は草原の地面にすっと吸い込まれていった。
 肉棒を抜き取ると、彼女の股間から白液が流れ出した。快感の液体が白い股間から流れ出すのを僕はじっと見つめた。

Comments are closed.